早期退職した、その後どうするの?

現在56歳、早期退職で無職になった独身男の日常、趣味の話を備忘録的に綴っていきます。

【テントの話④】ネイチャーハイクCloudup2が届いた

注文したテントが届いた。人生通算4代目のテントで

ある。初代はホムセンのメーカー不明、2、3代目は

ダンロップ、そして今回の4代目は新興中華メーカー

の製品である。

中華製品というと品質はどうなんだ?と一抹の不安は

あったもののYouTubeやらネットの情報ではコスパ

良く性能も問題無しとの事で思い切って購入してみた。

まぁAmazonのタイムセールで13,900円で購入出来た

ので『どんなものか試してみるか』的な感じである。

早速開梱してテントを取り出す。初見の感想は・・・

『小っさ!』ホントに2人用か?である。現在使用して

いるダンロップと並べてみると↓
f:id:tokidokibike:20200801075609j:plain
f:id:tokidokibike:20200801075629j:plain

うん、うん。期待通り、いやそれ以上の小ささである。

収納サイズはスペック表を見て理解していたが目の当た

りにするとそれ以上に小さく感じる。

ビニール袋から取り出して床にパーツ別に並べてみる↓
f:id:tokidokibike:20200801080137j:plain

それぞれのパーツを手に取ってみた感想↓

《テント生地》
グランドシート、テント本体、フライシート共に極薄で
ある。技術の進歩で薄くても強度が出せるのか、単純に
コスト削減なのか?ボトムスに例えるなら既持のテント
はデニム、Cloudup2は夏用スラックスかな。明かりに
かざすと薄らと裏側が透けて見えそう。

《ペグ》
アルミ製の細〜い奴。出来る限りはこのまま使いたいが
すぐ曲がりそうなので手持ちペグを予備で持っていくと
思う。

《ポール》
口径が・・・細い、軽い、だ大丈夫かこれ?という位の
細さ。これも技術の進歩で細くても強度は充分的な感じ
なのか? 新旧テントポール比較 ↓
f:id:tokidokibike:20200801083557j:plain

とにかく収納サイズ、重量に関しては目論見通りのもの

だったので後は早いとこ実際に使えるかどうかを検証し

ていきたい。梅雨もソロソロ空けそうなので近いうちに

キャンプに行って試してこよう。


                  《おしまい》