早期退職した、その後どうするの?

現在56歳、早期退職で無職になった独身男の日常、趣味の話を備忘録的に綴っていきます。

北海道ツーリング2020 【その⑤】

5日目の朝、霧多布岬キャンプ場の朝↓
f:id:tokidokibike:20200830072916j:plain

キレイに晴れている\(^o^)/霧と強風を覚悟し

ていただけに嬉しい誤算である。特に今回新調

したネイチャーハイクのテントはポールの径が

非常に細く、生地もペラペラなので強風に対し

ては少し不安を持っていたので・・・。

起きて付近を散歩したりコーヒーを飲んでまっ

たりした後、朝飯とする。昨夜はメスティンで

炊飯したのだがビールで腹一杯になったので

それを食わねばならない(笑)朝飯としては

一合のご飯は自分にとっては量が多いのだが

しょうがない、この暑さの中、残して持ち歩

く訳にもいかないので頑張って食おう😤

オカズは『温めなくても食べられるカレー』

である。朝から量の多過ぎるご飯とカレー。

56歳オヤジの朝飯としてはヘビーだが、それ

もまたキャンプの醍醐味である?

腹をくくりメスティンを手に持ちフタを取ると

( ´Д`)y━・~~・・・炊けてないじゃない〜‼️

今回のツーリングではコレを使ってメスティン

で炊飯しようと何度か家で試して100%の成功率

だったのに↓
f:id:tokidokibike:20200830080200j:plain

昨夜の様子を思い返してみると確か少し風が強

かったような気がする。そのせいで火が充分に

メスティンに当たっていなかったのか(T ^ T)

とにかく状態は水に浸った生米状態である。捨

てる訳にもいかないのでバーナーを使って炊飯

作業を始め何とか炊き上げ、カレーをかける↓
f:id:tokidokibike:20200830081902j:plain

『今日も出発が遅くなるな〜』などと考えなが

らカレーを一口。うっ‼️美味くない。↓
f:id:tokidokibike:20200830082121j:plain

とにかく米が・・・何というかお粥と白飯の中

間的な半端な食感である。これを1合分食うの

かと思うとイヤな気分になる(苦笑)とにか

く、ゴミは各自持ち帰りなので食って消滅させ

るしかない訳で(ーー;)気合を入れて一気に

何とか食い切る。間違いなく今まで作った

キャンプ飯の中で3本の指に入る不味さであっ

たが食い終わった時は妙な達成感があった。

何故だろう?これもキャンプの醍醐味である?

撤収作業を完了させバイクを発進させた時には

キャンプ場に残っていたバイクは1,2台のみ。

今日も出遅れ出発である。まずは弟子屈方面に

バイクを走らせる。途中にある多和平に行く為

である。しかしもう直ぐ多和平に着くところで

『開陽台→』の標識を発見、寄り道する事に。

前に来たのは何年前だろう?20年位かな?

と考えつつも現地到着。建物も小綺麗になって

いたものの風景は昔と変わらず。相変わらずの

素晴らしい風景である↓
f:id:tokidokibike:20200830085605j:plain
f:id:tokidokibike:20200830085833j:plain

この後しばらく近辺をウロウロ走り回る。

この辺りはどの道を走っても気持ちいい(´∀`=)

そんな事をしているうちに雨が降り出した。

レインウェアを着るが荷物満載のCRF250Lの

乗降りが大変し難い。短い脚にレインウェアの

ダボダボが加わり足が上げ辛い(泣)、今日は

早めに走るのを切り上げ和琴湖畔キャンプ場へ

イン。今回9日間の道内滞在の中で唯一の雨が

この日の午後(走行中限定ね)であった。

和琴湖畔キャンプ場は昔と違って入口からサイ

トまではエンジンを切ってバイクを押していか

なければならない。ハーレーを押して移動させ

ている若者がいたが素直に『スゴイ!』と

感嘆した。今の自分には無理だなと思う。

雨の中テントを設営。たまにはこんな風に雨の

中キャンプするのも悪くない。風景が素敵な気

がする。これもキャンプの醍醐味である。↓
f:id:tokidokibike:20200830213357j:plain

でも明日は晴れて欲しいな(笑)

  
           《 その⑥へ続く 》