早期退職した、その後どうするの?

現在56歳、早期退職で無職になった独身男の日常、趣味の話を備忘録的に綴っていきます。

【感動の景色】上高地~涸沢~北穂高岳その①

友人から2016年に行った北穂高岳登山の

写真データをもらった。

当時の自分はあまり写真を撮る事をしない

人だったのでもらったデータを見ていると当時

の記憶が思い出されて懐かしい(*´▽`*)

ブログネタも無いしせっかくだから記事に

する事にした。(#^.^#)

 

今回の予定ルート。上高地~涸沢はマストで

涸沢~北穂高は当日のコンディション次第で

決行するかどうか決めるというものである。

f:id:tokidokibike:20210203194921j:plain

 

9月2日仕事終わりの金曜夜に友人と新宿で

待合せして、バスタより10時半頃出発する

高速バスに乗車。

 

今回の工程は2泊3日で上高地北穂高岳

往復する予定。

通常の土日にプラスして月曜日を有休にして

の計画である。

 

高速バスは2回目の利用になるが相変わらず

熟睡出来ない(T_T)寝てるんだか起きているん

だか良く解らない状態のまま上高地へは定刻

5時20分に到着。

f:id:tokidokibike:20210203110204j:plain

ここでまったりと朝食、トイレ等を済ませて

出発する。

f:id:tokidokibike:20210203111828j:plain

まずは明神を目指し梓川沿いの平坦路を歩く、

標準コースタイムは1時間。

おっさん2人組は『いや~最近運動不足で体力

落ちてるからゆっくり行こうぜ』と互いを牽制

しながら歩いていく(^^;)

f:id:tokidokibike:20210203112245j:plain

 今回は初めての2泊で荷物が多い為45Lサイズの

グレゴリーのSTOUT45というバッグを購入した。 

今まではメーカー不明の安い30Lサイズを使

っていたのであるが流石に登山用に造られた

バッグはハーネスの調整が細かに出来て体に

フィットするので歩いていて楽に感じる。

 

川沿いの木道を歩き淡々と進んでいく。

f:id:tokidokibike:20210203114915j:plain
f:id:tokidokibike:20210203115011j:plain

 

 そして明神池に到着。バスターミナルから

1時間10分、ほぼコースタイム通りである。

f:id:tokidokibike:20210203115516j:plain

ここで穂高神社へお参り する。

『どうか無事に下山出来ますように』と願った

かどうかは覚えていない(;´∀`)ワスレタ

f:id:tokidokibike:20210203130016j:plain

f:id:tokidokibike:20210203130043j:plain

野鳥など見つつ、清流を見つつしばらく

呆ける。もう今日は涸沢に着きさえすれ

ば良いので余裕である(^◇^)

f:id:tokidokibike:20210203130453j:plain

f:id:tokidokibike:20210203130519j:plain

明神を後にして次に向かうのは徳沢。

ロッジ、テント場があり明神からの

コースタイムは1時間なので次はここが

休憩ポイントになる。

 

明神~徳沢間もほぼ平坦基調の道なので

おっさん2人の歩みも軽い(^◇^)

天気も良いしトレッキング最高!状態である。

 

足元の小さな花を見たり、遠くの山の景色を

見ながら調子良く進んでいく。

f:id:tokidokibike:20210203131531j:plain

f:id:tokidokibike:20210203131554j:plain


 徳沢へは約1時間で到着。(*^^*)

時間はまだ10時前なので飲み物のみ注文し

て一服する。建物内はウッディでお洒落な

感じである。

f:id:tokidokibike:20210203132347j:plain

f:id:tokidokibike:20210203132416j:plain

この日は気温も高く、結構汗もかいて

いたので生ビールをグビッといきたかっ

たが未だ先もあるのでコーヒーにする。

ビールは涸沢に着いた時にアレのお供に

するため我慢するのだ。(≧◇≦)

 

徳沢のテント場、人は少ないが地面が草原

で寝心地良さそうである。山のテン泊(*´з`)

荷物の量がネックになるが楽しいかもしれ

ない、興味あるんだよなぁ。

f:id:tokidokibike:20210203135700j:plain

かなり長い時間の休憩の後、徳沢を出発。

次に向かうポイントは横尾である。そこで

昼飯を取った後はいよいよ平坦路から勾配

のある道になってくる。横尾までのコース

タイムは40分程度である。

 

あっという間に横尾に到着。

ここでは昼飯に豚丼をいただく。山で食べる

ご飯ってホント美味い!あまりの腹減り具合

に写真撮り忘れる(;^_^A

f:id:tokidokibike:20210203140927j:plain

しかし写真に写っている人の半袖率が高い(笑) 

自分も袖まくって歩いてるし・・・(^◇^)

この橋を渡って以降の道は勾配がきつくなり

大汗をかいて進んでいく事になる。

 

そして体力のないおっさん2人は撮っている

写真の枚数がここから先激減していく事にな

る( ;´Д`)自分は元々少ないけど・・・。

 

横尾を出発して涸沢までの中間地点あたりに

川が流れており本谷橋がある。

 

川を渡るのにアドベンチャー的なこんな橋が

あったりする。

f:id:tokidokibike:20210203142818j:plain

我々は足場のしっかりしたガッチリ系の

木橋を躊躇なく選択する。

もうね、かなり疲れてきているから冒険

はいらないのである。(ー_ー)!!キッパリ

f:id:tokidokibike:20210203142957j:plain

 更に進んでいく、今日の目的地の涸沢

まではあと一息だ。

途中にいかにも落石が多そうな斜面を

横切る。ここで石が落ちてきたら避け

る自信がないな。(ーー;)コエーヨ

f:id:tokidokibike:20210203143505j:plain

そんなこんなで結構疲労しながら涸沢ヒュッテ

へ到着 。

上高地を出発して16km程歩いて今日の行程は

終了である。

 

f:id:tokidokibike:20210203145041j:plain

涸沢ヒュッテは盛況である。皆よくこんな所まで

登ってくるなぁと感心するのだが自分も同類で

ある。(゜o゜)

 

もう汗かき過ぎて体がベトベトで気持ち

悪い・・・ボディタオルで拭き拭きする。

気持ちいい!はぁ生き返る~(;´∀`)

f:id:tokidokibike:20210203145523j:plain

 風呂上りみたいだが汗を拭いた後の自分

である。

さて、それではさっぱりしたところで今回

最大の目的(自分的には)のアレいくか~。

 

        《その②へ続く》