早期退職した、その後どうするの?

現在56歳、早期退職で無職になった独身男の日常、趣味の話を備忘録的に綴っていきます。

北海道ツーリング2020 【その②】

フェリーは苫小牧西港へ定時に到着。いよいよ

走り出す。今回のツーリングはルートも期間も

定めていない。気持ち的には先端好きなのと、

『旅人は北に走る』的なイメージがあり、北上

して宗谷岬を目指すかと思ったが明後日以降の

道北の天気が怪しい。という訳でまずは西南の

襟裳岬へ向かう事にする。岬の近くにある百人

浜キャンプ場を本日の宿泊地にしよう。ここは

学生時代に初ソロツーリング➕初キャンプした

思い出深いキャンプ場なのである。

まずは昼飯をとるべく『まるとま食堂』へ向か

う。ここのホッキカレーを食すためだ。がっ!

平日の11時半前なのに行列が出来ている( ゚д゚)

ホッキカレーは食いたいが並んで時間を取られ

るなら走り出したい!という気持ちが勝り結局

諦める。サヨナラ、ホッキカレー、食べたかっ

たよ(泣)↓
f:id:tokidokibike:20200827131254j:plain

走り始めて程なく郊外に出て北海道っぽく車

の速度がグングン上がっていく。余りの気持ち

良さに昼飯も忘れて走っている。

3時位には余裕でキャンプ場に着きそうな感じ

である。襟裳岬に近づいた所で流石に空腹感を

感じてセイコーマートへイン。パンを一個食す。

すると店員さんが『お客さん、今日はどちらま

で行かれるの?くれぐれも気をつけて下さい』

と話しかけてきた。少し話をしたのだが例年に

比べて野生動物(🐻🦊🦌)が人間のエリア

まで下がってきているとの事。更に追い討ちを

かけるが如く『もし百人浜でキャンプを考えて

いるのであれば様似方面に道を引き返して別の

キャンプ場を探すか、もしくは帯広方面まで足

を伸ばして探す事をお勧めします。今年は利用

者も少なくてマジ動物が沢山出てきてますから

ホント危ないんですよ』

ハイ。地元の方の忠告には素直に従おう(´-`)

とりま、道を戻るのは性格的に嫌なので襟裳岬

まで行こう。岬が近ずいてくると自然と出てく

る歌『えり〜もの〜はるぅは〜♬』を熱唱しつ

つ岬に到着。35年前と比べて施設は立派なもの

が建っているが風景は何も変わらず(当たり前

か。)↓
f:id:tokidokibike:20200827135106j:plain
f:id:tokidokibike:20200827135125j:plain

ここから北上して程なく百人浜キャンプ場前に

来たが原生林が国道 の際まで鬱蒼と茂っており

確かに動物達が潜んでいそうな雰囲気プンプン

である。人の気配も無い(;_;)スルーして

この先にある『広尾シーサイドパーク』を目指

し黄金道路を北上する。↓
f:id:tokidokibike:20200827140349j:plain

地図で見ると直ぐ見つかりそうなキャンプ場

だったが中々見つからない。ナビを使っている

が同じ道をグルグル回らされる。

結果、このキャンプ場は567で休業中であった。

余りの人気の無さにその前を何度も通過したに

も関わらず自分がキャンプ場と認識しなかった

のだ。( ̄▽ ̄;)

ここまで来て北海道上陸1日目のキャンプは諦

め、移動に徹する事にする。途中キレイな夕焼

けを横目にひた走り、7時30分帯広市に到着。

予約したホテルは一発で見つける事が出来た。

夜の街に繰り出す事は控えて今日もコイツで

プシっと1日を締めくくるのであった。↓
f:id:tokidokibike:20200827141423j:plain

          《 その③へ続く 》