早期退職した、その後どうするの?

56歳で早期退職し無職になり、57歳目前で再び働き始めた独身男の日常、趣味の話を備忘録的に綴っていきます。

スポンサーリンク

【来春発売か?】ホンダネオクラシックCB350

先日ホンダから発表されていたインド向けの

ニューモデルCB350、日本仕様も発売になる

だろうと想像はしていたのだが時期が思った

よりも早まるかもしれないとの情報が某雑誌

で出ていた。

f:id:tokidokibike:20201212064358j:plain

ホントであれば嬉しい話である。

密かに気になっていたモデルであるがホンダの

インド用の販売戦略車という事なので国内販売

はもっと先になるのかな?と思っていた。

早ければ来春国内販売になるかもとの事。

とにかくスタイルが好み、クラシカルでノスタ

ジー好きなオッサン心をくすぐる。(´∀`=)

しかも国内販売の際にはネーミングがGB350

になるとの話。(具体的である)

昔、後輩のGBクラブマンを借りて乗った事が

思い出される。

軽くて小さくて乗り易かったなぁ〜。

当時のGBのスペックを調べてみると車体は

非常にコンパクトで軽量(400ccであるが)

乾燥車重150kg、馬力は34PS、単気筒エンジン

は84✖️72のショートストロークピストンで

ある。

今回のCB350のインド仕様のスペックはこんな

感じ。↓

f:id:tokidokibike:20201212071353j:plain

車重はかなり重くなっているな・・・( ̄▽ ̄;) 

でも目を引くのがエンジンのボア✖️ストローク 

最近無い位の超ロングストローク‼️

結構な鼓動感があるのでは?などと期待して

しまう。

少し残念なのはスタイルに合わない(あくまで

主観だが)LEDの灯火類の見た目・・・ 時代が

変わったのでしようがないと理解はするのだが、

慣れるしかないか。(´-`).。oO

f:id:tokidokibike:20201212072230j:plain

このCB350インド向けの価格戦略車なので現地

価格は19万ルピー(日本円にして約28万!)

当然、日本で発売する時には価格はドン!と

上がるのであろうが・・・ホンダの男気で何と

か50万切る位の価格で出さないかな?

密かに期待しているのである。( ´ ▽ ` )

 

                              《 おしまい 》